アクア

akua

北米や台湾、オセアニアでも売り上げが高い

トヨタから2011年より販売しているのがアクアです。
小型ハイブリッド自動車であり、今でも大きな人気を集めています。
トヨタを代表する車となっており、日本だけではなく北米や台湾、オセアニアなどの市場においても多くの売上を記録しています。

このトヨタブランドとしては最小のハイブリッド車です。
アクアというのはラテン語で水のことです。
既に販売されていたトヨタのハイブリッドカーの代表格であるプリウスよりも小型であり低価格で販売しています。

スポーツ路線のデザインとなっており、どのような年齢や性別であっても問題なく乗りこなせるようなデザインとなっています。
空気抵抗に対して優れたデザインとなっており、快適な走りが可能です。
スポーツ性を発揮する車であり、馬力があり、加速力も高いため、走りにこだわるオーナーを満足させます。

低燃費であり、世界の車の中でも最も燃費が良いとされています。
37.0km/lを実現しており、とても経済的で環境にやさしい車です。
トヨタのアクアについてはこちらのページでも解説されています。
>>驚異的な大ヒット「トヨタ・アクア」の魅力に迫る

アクアの魅力とは

アクサの最大の魅力は車として完成度がとても高いことです。
世界でも最高水準の燃費の良さであり、インテリアもエクステリアも優れていて、運転していてストレスを感じない走行性能を有しています。
低価格であり、エコ性能が高いためにさらに経済的となっている点は評価されています。

どのような方にも受け入れられるようなデザインも魅力です。
アクアを購入している方は40代から50代が最も多く見られます。
この年齢だと自分の乗っている車が他人からどう見られるのかを意識することが多いのですが、50代の男性が乗っていたとしてもおかしくないのがアクアの良さです。

誰が乗ったとしても違和感がなく、上品であり、良質なデザインが好感を持たれています。
アクアは高級感があり、軽自動車にこれまで興味のなかった方が買うケースが多いです。
一時期はフィットによって燃費の世界一を奪われたのですが、その後マイナーチェンジをしたことによって再びアクアが世界一の燃費性能となりました。

アクアが売れている理由としてはトヨタの車であるという安心感があります。
トヨタ車は品質がとても良いことで知られており、なかなか壊れにくいという信頼を得ています。
そのため、トヨタのアクアであれば安心できるというユーザーがたくさんいるのです。

また、トヨタ車の販売店には4系列あるのですが、そのすべてでアクアを取り扱っています。
販売網が日本中に広がっていて、強力なネットワークがある点もアクアの売上を伸ばしている理由の一つとなっています。