ワゴンR

時代に伴って進化し続けているスズキワゴンR

スズキワゴンRは、静音性に優れる軽自動車として注目を集めています。

静音性が注目されるようになったのは、今では電気の力を借りて自動車を走行させることを重視しているためです。
しかし、電気の力を借りて自動車を走行させることは可能・・・なのですが、モーターなどから発生する駆動音については、どの自動車メーカーでもうるさいケースが目立っていました。
ですが、スズキワゴンRは静音性に優れるモーターの開発にも成功しました。

過去であれば、スズキワゴンRは安く、且つ低燃費を実現しているので売れていたという評価がありました。
しかし今では、スズキワゴンRは安いだけでなく、電気自動車として多機能なため売れているという現実があります。
時代に伴って進化している証であり、また時代がスズキワゴンRを必要としているのも良くわかります。

それ以外にも、スズキワゴンRは独自の技術として、ワゴンRに「エネルギーフローインジケーター」というインジケーターを取り付けています。
インジケーターというのは、目安などが線となって表れているもののことで、自動車の場合はメーターなどで採用されていることが多いです。
目盛りが存在すると、それだけでどの程度でエンジンが回転しているのか、どの程度でガソリンといった燃料を使用してしまったのか・・・が一目でわかります。
これにより、わかりづらかった電気の使用量が明確になり、どの程度で自動車の燃費をアシストしているのかがわかるのです。

また、走行時のエネルギー使用量の変化も目で追えるようになっています。
これによりエコドライブを学べるようになっていますし、充電の必要性なども正確に学べるようになっているのです。
スズキワゴンRは静音性だけでなく、乗り回しが利く電気自動車としても一目置かれるような性能を有しています。

S-エネチャージで充電可能

スズキワゴンRの魅力は、静音性、エネルギーフローインジケーターだけではありません。

スズキワゴンRは、「S-エネチャージ」というエネチャージシステムの開発にも成功しています。
今では良く目にするようになったエネチャージですが、各自動車メーカーで独自の開発を行っているので、エネチャージシステムといっても1種類ではありません。
スズキワゴンRに導入されているS-エネチャージは、加速時に加速のアシストがされるという機能も備えていることで有名です。
アイドリングストップ時は、他のエネチャージよりも素早くチャージング(充電)を行いますので、安定した充電も可能なシステムを備えているのです。

スズキワゴンRは、高効率リチウムイオンバッテリーを積んでいます。
バッテリーは電池として使用されるものなのですが、スズキワゴンRに積まれているバッテリーは、加速時のアシストだけでなく、エネチャージシステムにより減速時に発生するエネルギーで充電が可能です。
これこそが、他では真似できないスズキワゴンRだけのエネチャージシステムなのです。