ワゴンRスティングレーMH23S

スズキワゴンRスティングレーMH23Sの魅力

スズキワゴンRスティングレーMH23Sの魅力ですが、軽とは思えないような走りを提供してくれるところでしょう。

軽自動車というと遅いというイメージが現代でも残っているのですが、近年では軽自動車であってもレースに参加するほど、走りに特化している軽自動車が増えてきています。
ですが、人によってはレースでも走らせられるような軽自動車は、パワフルなので乗るのが怖い・・・という人もいるため、今ではバランスの良いパワーを誇っているワゴンRの人気が高まってきました。
スズキワゴンRスティングレーMH23Sは、軽自動車のため排気量は660ccとなっていますが、新開発のDOHCターボエンジンを搭載していますので、従来の軽自動車よりも滑らかに加速する軽です。

しかも、従来のエンジンと併せて2ユニットとなっているエンジンは、パワフルではあるのですが、2つのエンジンユニットにより安定した加速を見せてくれます。
軽自動車で馬力がある場合、急加速時にパワフルに加速するため、あまり自動車に乗り慣れていない人にしてみると、安全に乗り回しが利くのか不安になるそうです。
ですが、スズキワゴンRスティングレーMH23Sは、アクセルの踏みつけによって加速力が大幅に異なるということもありません。
そのため、ゆったりとした加速を意識的に行うこともできますし、スポーツドライブを選択していない加速であれば、それほど激しい加速とはならないのです。

そのため、スズキワゴンRスティングレーMH23Sは男性だけでなく、女性からも支持されているワゴンとして人気です。
しかも、スズキワゴンRスティングレーMH23Sには、どのグレードを選択してもフルオートエアコン、キーレスプッシュスタートシステム、スモークガラス・・・といった、ちょい悪な雰囲気を醸し出しているオプションまで付いています。
このようなサービスがファンにはたまらないようで、今でもこれらのオプションとCDプレーヤー、タイアや空気圧警報システムといった、充実のオプションについても対応しているのが魅力的です。

デザインセンスも高評価

前述のとおり、スズキワゴンRスティングレーMH23Sはちょい悪な要素も受けている軽自動車です。

ワゴンRは角ばったデザインとなっておりますが、昔からこのようなデザインセンスを重視しているため、今でも根強い人気を得ている軽自動車なのです。
近年では、スズキ(SUZUKI)も新しい軽自動車を開発していますが、それでも似たようなコンセプトでも区別され売れている状況です。
このような売れ行きとなっているのも、新しいコンセプト、古くから続いているコンセプトでユーザーを獲得できている証拠でしょう。