ハスラー

hasura-

アウトドアに最適

スズキが発売しているハスラーはクロスオーバーSUVタイプの軽自動車です。
ハスラーの特徴はSUVと軽トールワゴンを融合させたようなものであり、新ジャンルとして定着しました。
アウトドアを好むユーザーに適した車であり、雪道やわだちであっても走行しやすいです。

アクティブに車を乗り回す方に好まれており、そのコンセプトが評価されています。
ハスラーはユーザーからの声によって開発が進められた車です。
かつてスズキからはKeiという車のモデルが登場していたのですが、生産終了してしまい、それを惜しむ声がたくさんあるためにハスラーの開発が決まりました。

軽クロスオーバーの車に需要があることを判断したためにハスラーが生まれたのです。
ハスラーが発売したのは2014年の1月のことであり、スズキを代表する軽自動車として人気を集めています。
初年度において10万台の売上を記録することに成功しており、これによってスズキは久しぶりに軽自動車の年間販売台数トップを奪還することができました。

ラフロードを軽やかに走ることをイメージして車名がつけられました。
スズキのハスラーの特徴についてはこちらのページでも解説されています。
>>ハスラーはデザインもよくて走りも楽しい! [SUZUKI(スズキ)]

スズキのハスラーの魅力

ハスラーの最大の特徴は室内空間の広さとラフドーロを走り抜ける性能です。
プラットフォームはワゴンRと共通しており、さらに室内空間にゆとりを持たせるための設計が工夫されているため、とても乗りやすいです。
ラフロード性能に関しては、軽自動車としては大きめのタイヤを採用しています。

大径タイヤを使うことによって、起伏のある路面でも問題なく走れるようになりました。
他にも、フロントスタビライザーを採用したり、サスペンションストロークを変更するなどして、走行性能を高めています。

また、ハスラーにはヒルディセントコントロール、グリップコントロールが標準で装備されています。
これらは軽自動車としては珍しい装備であり、安定した走行を可能にするシステムです。
ハスラーは最低地上高がワゴンRよりも高く、これによって悪路でも安全に運転できます。

エクステリアに特徴があり、軽自動車の中でも大きく目立つデザインが注目されています。
インテリアは必要なものが簡素にまとまっており、とても便利です。
成人男性であっても、ゆとりを持ってきっちりと座ることができます。

マニュアルミッションを選ぶことができるため、車好きの方に評価されています。
カラーチョイスが良くて、個性的なデザインが魅力的であり、みんなに自慢できる車でしょう。
価格設定は120万円前後となっているため良心的であり、とても買いやすいでしょう。

最上級グレードでオプションを複数つけたとしても200万円程度になります。
興味のある方はスズキのハスラーを調べてみましょう。