エブリイワゴン

安全性能も認められているワゴン

スズキのエブリイワゴンは安全性能も認められているため、今ではワゴンといえばスズキのエブリイワゴンというほどの人気になっています。

安全性能というのは、基本的に自動車同士の衝突のみではなく、操作時のミスを徹底的に軽減してくれるドライブアシストのことです。
例えば、スズキのエブリイワゴンでは、「レーダーブレーキサポート」が導入されています。
このような安全性能は昔から高かったのですが、今でもレーダーブレーキサポートによる安全性の追求は行なわれているので、スズキのエブリイワゴンは衝突被害が少ないワゴンとしても有名なのです。
衝突被害というのは、衝突してしまうまでの被害も含めていますので、スズキのエブリイワゴンを運転している場合、衝突してしまうようなタイミングでは、素早くブレーキがかかるようなドライブアシストを受けられます。

近年では、このようなシステムを自動車メーカーで開発していますが、スズキは昔からドライブアシストを数多く導入しているため、ドライブ時の満足度が高いことでも有名です。

そのため、誤発進抑制機能についても今では有名となりました。
誤発進抑制機能とは、発進時のフルアクセルなどをコントロールしてくれるシステムです。
現代の自動車は想像以上に馬力がありますし、なによりも滑らかな加速までサポートされているので、誤発進抑制機能が無い場合は素早く前方の車輌に衝突してしまう・・・ことがあるのです。
なので、今では滑らかな加速ができるだけでなく、無駄に加速しすぎないドライブアシストも重要となりました。

さらに、スズキのエブリイワゴンには「エマージェンシーストップシグナル」という機能も存在します。
緊急でブレーキなどがかかる場合に、その合図などをシグナルという形で教えてくれるもので、素早く危険などを察知できるシステムとして有名です。
このようなシステムを駆使することで、冗長な運転を行なわないといけない長距離運転であっても、気持ちを楽にしてドライブを楽しむことができるようになっています。

エブリイワゴンの標準装備

スズキのエブリイワゴンの標準装備の中には、ベンチシートの変更に関するものもあります。

従来のベンチシートというのは、シートスライドがほぼ同じような仕組みになっています。
ですが、これでは滑らかなシートスライドにならない・・・ということで、スズキのエブリイワゴンはスライド量を拡大してくれているのです。
なので、他のワゴンでは見られないほどの空間の余裕、そしてシートスライド量の拡大により、前後乗員間距離が1080mmに拡大されました。
このような空間の余裕があるため、運転手以外の人も余裕をもってシートを使えるようになっています。