アルト

若者からの支持

スズキのアルトは1979年に登場したモデルであり、ハッチバック型の軽自動車です。
フロンテの姉妹車として登場したアルトは大ヒット商品となり、軽ボンネットバンのブームを巻き起こしました。
以降はワゴンRが登場するまでスズキの代表車として人気を集めていました。

現在でもアルトは生産が続けられており、国内では約480万台もの売上を記録しています。
アルトとはイタリア語から由来しており、秀でたあるいは優れたという意味が込められています。
1970年代後半はスバルが360を登場させたために軽自動車が続々と各メーカーから販売されていました。

しかし、所得が増加していき、排ガス規制によって軽自動車の出力が下がってしまったことから普通車にユーザーが流れて行きました。
そんな時にスズキが状況を打開するためにアルトを開発したのです。

アルトは当時の価格で47万円と非常に安かったのが特徴的であり、とても売れました。
お買い得な価格設定によって若者からの人気を集めたのです。

アルトの魅力

アルトは2014年の12月にモデルチェンジを果たして8代目となりました。
これによってデザインが変更されて、男性的な昔を感じさせるようなデザインが採用されました。
全高が下がり、セダンのようなスタイルとなっています。

スポーティグレードが復活したため、人気を集めました。
材質を見直したり、車体構造を工夫することによって、従来よりもさらに軽量化をすることに成功しています。
アルトの魅力の一つは低燃費であることです。

37km/lの低燃費を実現させており、とても経済的であり環境にやさしいです。
室内空間はかなり広くなっており、ゆとりのある空間が作られています。
衝突被害軽減ブレーキを用意しており、安全に運転できます。

インテリアに関しては本当に必要となるものを選び、シンプルにまとまっています。
実用的であることを大切にしており、なおかつデザインに関しても妥協せず美しいものを作り出しています。
乗っている人も美しく見せるようなデザインが目標となっています。

スタイリッシュなデザインとなっており、シンプルでありながらとても美しく洗練されています。
とても品格があり、ぜひとも乗ってみたいと思わせるような車です。
安全技術としてレーダーブレーキサポートを始めとしてエマージェンシーストップシグナルや誤発進抑制機能が採用されています。

先進安全車の認定であるASVを獲得しているため、その安全性はお墨付きです。
このように、さまざまな点において充実しているのがスズキのアルトです。