NV100クリッパー

シリーズにはトラックも

NV100クリッパーは日産による軽ライトバンです。
初代は三菱から、2代目はスズキからOEM供給を受けています。
日産にとってはモコに続く軽自動車のラインナップとなりました。

初代は2003年に登場して、さらに2代目が2013年から販売を開始しました。
そして、2015年からはフルモデルチェンジをした3代目が誕生しています。
クリッパーのシリーズにはトラックもあります。

クリッパーという車名は駿馬のことです。
かつてプリンス自動車工業から発売されていた小型トラックにもクリッパーという車名は使われていました。
機能性が高くて、使い勝手がよく、積載性にも優れていることから人気を集めています。

幅広いシーンで使うことができるため、購入しているユーザー層は幅広いです。
モデルチェンジするごとに新しい機能が加わっており、より進化した姿となっています。

NV100クリッパーの魅力

NV100クリッパーは運転がしやすくて、さらに低燃費となっています。
燃費は20.2Km/Lとなっており、エコカー減税の対象車です。
オートギヤシフトにより運転のしやすさを維持しながら燃費性能を向上させました。

ボディは軽量化を実施しており、安全性にも配慮しています。
安全性を高めながら軽量化を実現しており、これが低燃費に寄与しています。
エンジンはオートアルミ製となっており、街中でもスムーズに走ります。

色々な形状の荷物を積むことができるため、商用に利用している方はたくさんいます。
パンケースをはじめとしてダンボールや畳といった物まで気軽に積載できます。
バックドアの開口部はとても広くなっているため、荷物の積み下ろしはとても楽です。

シートバックを倒すことができるため、これによってさらに色々な荷物を積めるようになっています。
前席は足元に広いスペースを確保しており、運転席と助手席の間をスムーズに移動できます。
ステップは低くなっているため乗り降りはとても楽であり、お年寄りでも安心です。

マニュアルエアコンにはクリーンフィルターが採用されているため、常に室内の空気をキレイにできます。
リヤヒーターを設定できるため、効率よく室内を暖められます。
ディーラーオプションも充実しており、バックビューモニターやフロアカーペットなどを装備できます。

事故を防ぐための機能としてエマージェンシーブレーキを採用しています。
予防安全性能評価によって先進安全車を獲得しています。
とても安全に運転することができて、いざという時には車の機能によってドライバーは守られます。
このように総合的に素晴らしい機能を有しているのがNV100クリッパーです。