モコ

ママと子供のため

モコは日産自動車から販売されている軽トールワゴンであり、製造しているのはスズキです。
スズキのMRワゴンのOEM板となっています。
初代モデルが登場したのは2002年のことであり、それ以来大きな人気を集めています。

日産の軽自動車としてはハイパーミニを別とすれば第一号となっています。
カルロス・ゴーンが経営者となってから日産は軽自動車に力を入れることになりました。
その結果として、モコの開発が進められたのです。

元々、日産は軽自動車を手がけていなかったことから、スズキの力を借りることにしたのです。
テレビCMでは軽自動車であることをアピールした広告展開がされました。
その後も日産からは軽自動車のラインナップがどんどん増えていったのですが、今でも残っていて人気が高いのがモカです。

OEM車であるため基本的な部分はMRワゴンと共通しています。
モコのコンセプトは若いママが子供と一緒に気軽にどこへでも行けることです。
そのため、女性のユーザーが多いという特徴があります。
もちろん、男性であっても満足できるような性質を兼ね備えています。

モコの魅力

モコは軽自動車のイメージとはかけ離れた性質をいくつも持っています。
とてもシンプルで洗練されたデザインのインテリアはいつまで経っても飽きないでしょう。
見晴らしはとても良くて、事故を防ぎながら運転できます。

オーディオ昨日は全部で4つあり、バックビューモニターにすぐ切り替えることもできます。
タッチパネル操作はとても楽であり、レスポンスも良いです。
快適に運転できるだけではなく、駐車しやすいような工夫もされています。

プッシュエンジンスターターを採用しているため、ボタンを押すだけでエンジンが始動します。
インテリジェントキーを採用しているため、鍵をさす必要はありません。
便利さと快適さを両立しています。

心身をのびのびとした状態にできるスペースが確保されています。
リヤシートをスライドさせたり、倒すことができるため、荷物を積みたい時には便利です。
リクライニングさせることによって、乗り心地を良くできます。

小回りがきくため狭い路地の中でもスムーズに運転できます。
ハンドル位置は調整することができるため、どのような身長や体格の方でも安心です。
メーターはとても見やすくなっています。

たくさんの荷物を収納するためのスペースは魅力的です。
大きな荷物から小さな荷物まできちんと収納できます。
低燃費を実現しており、アイドリングストップや発電機、空調ユニットなどの機能が燃費を下げています。
このようにいくつもの魅力が存在している車がモコです。