ウェイク

幅広い用途に対応

2014年に登場したダイハツのウェイクは幅広い用途に対応できる軽自動車として誕生しました。
軽自動車の中でも最も高い室内高が特徴となっています。
室内スペースは軽自動車の中でも最大級とされており、とても快適な空間が広がっています。

ダイハツにはタントという軽自動車がありますが、そちらよりもさらに背が高くなっており、ゆとりのある空間を実現しています。
ウェイクがターゲットとしているユーザーはミニバンからダウンサイザーをしようと考えている方達です。
レジャーにとても役に立つ車であり、たとえば縦のままゴルフバッグを積むことができます。

自転車を車内に積むことも可能です。
ドライバーの目線は高くて、まるでミニバンを運転しているような感覚になれます。
安全性や快適性に配慮しており、誰が運転しても不満の出ないようなデザインとなっています。

車名はタントの上を行くという思いが込められており、上を行くが転じてウェイクとなりました。
また、ウェイクは英語で目覚めるや呼び起こすという意味もあります。
ウェイクはテレビコマーシャルでも話題になっていて、そのコミカルさが人気を集めています。

ウェイクならではの魅力

ウェイクにはさまざまな収納スペースが設置されています。
色々な物を車の中に置いておきたいという方のニーズに応えています。
車内はシートの状態をさまざまに変えることができるため、色々な状況に対応できます。

テーブルモードやロングラゲージモード、フルフラットモードなどがあります。
積載能力の高さは評価されています。
通常時でもたっぷりと色々な荷物を積載することができます。

デッキボードをあけることによって、背の高い荷物でも問題なく載せられるようになりました。
さらに脚を立てることによって、二段積みをすることもできます。
ディーラーオプションを利用すれば三段積みも可能です。

死角を減らす工夫が施されているため、運転は余裕を持ってできます。
キャンプや登山、サイクリング、釣りなど色々なアウトドアに対応できる車です。
必要な荷物をすべてウェイクの中に詰め込むことができます。

キーフリーシステムとなっており、スイッチによって簡単にドアの開閉ができます。
他にも色々な装備や機能が整っており、利便性はとても高いです。