タント

tanto

草分け的存在

ダイハツのタントは軽トールワゴンであり、2003年から販売しています。
とても大きな室内空間が特徴的であり、大容量タイプの軽自動車がブームとなっていますがその草分け的な存在です。
軽自動車の中でもずっとベストセラーとなっている車です。

現在は各メーカーが色々な軽自動車を出しているため、ライバルが多い状況ですが、その中でも単とはライバル車に負けないような色々な工夫をしています。
これ以上広くするのは不可能とされていた室内空間も、モデルチェンジのたびに広くなっています。

2013年にフルモデルチェンジされて3代目のタントが登場しました。
走行性能が良くて、安全性にも優れており、軽自動車として必要な機能はすべて揃えています。
万人受けするデザインとなっており、どのような方でも購入すれば満足できるでしょう。

モアスペースを重視しており、広々とした空間の中でゆったりとした気持ちで運転に集中できます。
タントの買取に関して気になる方はこちらをチェックしましょう。
参考:ダイハツ タント|軽自動車|買取|エーリストガレージ

タントの良さ

タントの魅力の一つはミラクルオープンドアの開発と両側スライドドアです。
ミラクルオープンドアとは助手席側のドアが大きく開くことです。
これに加えて両側スライドドアとなっているため、乗り降りはとても楽になりました。

荷物の積み下ろしも楽になるため、日常生活で利用していてその便利さを感じやすいでしょう。
ベビーカーをそのまま積むこともできます。
チャイルドシートを出し入れすることも快適にできます。

両側のどちらもスライドドアとなっているため、狭い駐車場でも隣の車にドアをぶつける心配はありません。
普通の車では載せることが難しい大きな荷物でも大丈夫です。
なんと27インチの自転車でも載せることが可能なのです。

スマートアシスト2によって安全運転が可能になっています。
衝突回避支援ブレーキ機能や衝突警報機能、車線逸脱警報機能などがあります。
誤発進抑制制御機能もあり、さまざまな状況における危機回避に優れています。

注意力が衰えてしまっている高齢者であっても安全に運転できるでしょう。
事故を防ぐことによって、自分達だけではなく歩行者や他のドライバーのためにもなります。
ダイハツのエコ技術、イーステクノロジーによって低燃費を実現しているのです。

環境にやさしい車であり、燃費は28.0Km/Lとなっています。
このように色々な要素が含まれており、質の高い車として親しまれています。