COPEN

開放感を得られるダイハツCOPEN

ダイハツCOPENの魅力は、なんといっても開放感を積極的に感じ取られるところでしょう。

ダイハツCOPENのようなコンセプトで誕生した自動車は数多く存在しますが、それでもダイハツCOPENは良く売れている自動車として人気です。
売れ筋となっている理由にはどんな理由があるのか?というと、前述の開放感を堪能できる面で、ダイハツCOPENは優れているという理由があります。
開放感というのは、なにもオープンエアを多く感じ取られる・・・という意味だけではありません。

近年では、昔に比べて室内のスペースなども評価されるようになりました。
そのため、ダイハツCOPENは室内のスペースも評価されており、そのため他の自動車メーカーから売られているオープンカーより、高い評価を得ていることが多いのです。
クチコミなどでも、「軽自動車なのにオープンカー、しかも室内が広いので気持ちにゆとりができる」という評価が存在します。
オープンカーはセカンドカーとしても人気なので、今でもダイハツCOPENのようなオープンカーは自動車好きに愛されているというわけです。

しかし、そのような自動車好きも心の中では、ダイハツCOPENのような軽を待っていたようで、ダイハツCOPENが販売されるようになってから、ダイハツCOPENをセカンドカーにする人が増えたのです。
これにより、他の自動車メーカーもダイハツCOPENを真似て、オープンカー、もしくは開放的なルーフ機能などを設けている自動車を開発するようになりました。

ただ、ダイハツCOPENはハードトップです。
なのでソフトトップに比べると、その面ではソフトトップに劣るという意見も少なくありません。
開放感を求めるか、それともハードトップといった面で検討をするか・・・というのが、現在のオープンカー選びでは重要な要素となっています。

オープンエアについて良く研究されている一台

ダイハツCOPENは、なんといってもオープンエアを良く理解している人が作っている軽自動車のため、乗り心地という面では満点を付けられていることが多いです。

最初は良く揺れるのでは?とか、風が一気に入り込んで走りにくいのでは?という意見も存在しました。
軽自動車でオープンカー・・・というのは、国産車ではまったく見かけないコンセプトだったので、このような不安はダイハツCOPENが良く売れるようになるまでは、クチコミサイトなどで良く見かけました。
ですが、暑い時、寒い時の対策がなっている軽自動車としても評価され、またオープンエアについても堪能できるように、風をキレイに取り込めるような作りのため、高速走行時も気持ち良く風を浴びられるようになっています。