軽自動車の相場

お金がかからない

軽自動車の一番の特徴としてお金がかからない点があります。
特に車本体の価格が安いことが注目されることが多いのですが、果たして相場はいくらぐらいなのでしょうか。
これはどのメーカーのどの車種かによってかなり異なっているため、一概にいくらぐらいだと答えるのは難しいです。

安いとされていますが、最近は軽自動車も高性能化が進んでおり、色々な装備がついていることも多いため、新車で100万円を超えることがほとんどです。
新車で100万円以下で買える車はそれほど多くはありません。

中古の場合はかなり安いものも多いのですが、質に問題が残るケースもあります。
とにかく安い車を買いたいならば、軽自動車はおすすめの選択といえるでしょう。
基本的には新車で200万円を超えるようなことはないため、普通車よりも気軽に買いやすいです。

中には高級志向の軽自動車も存在しており、新車で200万円を超えるようなものも登場しています。
車の安さにはこだわらないという方はいるのです。
そのような方は、むしろ高い軽自動車に興味を持つことが多いでしょう。

軽自動車はお金がかからないのか

軽自動車はお金がかからないとされているのは税金がかなり安いからです。
車を所有するためにはそれだけで税金が発生してしまいます。
この負担はかなり大きなものであり、自動車税の負担が大きいために自動車の購入を断念するような方もいるでしょう。

自動車税とは4月1日時点で所有している自動車に対して発生する税金であり、その年の5月末日までにきちんと納付しなければいけません。
軽自動車の場合は軽自動車税が市町村から課税されます。
この軽自動車の税金は7200円となっているためかなり安いです。

たとえば、乗用車の場合は1000cc以下で29500円かかり、500cc増えるごとに5000円ずつ税金が上がってしまいます。
そのため、6000ccの車に乗っている方は年間約11万円を負担しなければいけないのです。
基本的に排気量が増えるごと税金が増えるシステムとなっているため、軽自動車の場合は税金が優遇されています。

ただし、軽自動車税は2016年度からは値上げされてしまいます。
約1万円を支払うことになるため、これまでよりも負担は増えるのですがそれでも普通車よりは費用を抑えられます。
また、エコカー減税やグリーン税制が適用される軽自動車に乗ればさらにお得になるでしょう。

安く買えるためにたとえばオプションを充実させることもできます。
軽自動車は若者からお年寄りまで、気軽に車に乗りたいと考えている方に最適なのです。
この軽自動車の相場がどれくらいなのか気になる方はインターネットで調べてみると良いでしょう。
それぞれの車種がどのくらいの価格で取り扱われているのかが分かります。