軽自動車とは

a0001_000197

優遇を受けている

自動車には普通車と呼ばれるものがありますが、これよりも小さい車が軽自動車です。
経済性が高くて、小さくて安いのが特徴となっていて、現在とても流行っています。
多くの方が軽自動車に乗るようになりました。

軽自動車は規格が存在しており、色々な優遇を受けることができます。
ただし、車両の性能は限られたものとなっており、採寸の基準も厳しいです。
世界の中でも特に軽自動車に力を入れているのは日本です。

日本は国土が狭く、資源も限られているため、普通車よりも軽自動車の方が適しているのです。
そのため、多くの自動車メーカーが軽自動車の開発を行っており、現在では各メーカーごとに独特の車が誕生しています。
軽自動車が生まれた当初は360ccの規制があったのですが、現在では600ccまでの軽自動車を発売することができます。

性能とパッケージング、価格に関して総合的にとても優れているのが日本の軽自動車の特徴です。
ワンボックスカーだけではなくて、2シーターロードスターやAWDまでラインナップが豊富に揃っています。
2015年現在の軽自動車の規格は長さが3.4m以下であり、幅が1.48m以下、高さは2.0m以下の規制があります。
軽自動車の規格の条件を1つでも超えてしまうと普通車として登録しなければいけなくなります。

軽自動車の特徴

軽自動車は黄色ナンバーとして知られています。
ナンバープレートが黄色の車は軽自動車なのです。
かつては軽自動車は家庭が貧乏な方が乗るものとされていましたが、現在では高級志向の軽自動車も登場しており、新車で普通車よりも高い軽自動車も珍しくありません。

そのため、軽自動車が他の車よりも優位な点は優遇税制にあるとされています。
価格が安いために車を弄りたい方にとっては好都合でしょう。
チューニングパーツは小さなサイズのものを使用できるため、総コストを安く抑えられます。

軽自動車を多く出しているメーカーとしては、ホンダやスバル、スズキなどがあります。
若者向けの車種や子育てをしているお母さん向けの車種、お年寄りでも安心して乗れる車種などターゲットを絞って色々な車が登場しています。
軽自動車であるにも関わらず多機能であったり、高級感のある車も出ています。

これからは地球環境に配慮することが重視されているため、軽自動車はより注目されるようになるでしょう。
不景気な時代が続いているため、ランニングコストを抑えられる軽自動車はより優位な状態となっていきます。
若者のクルマ離れが進んでいると話題になりますが、可愛らしいデザインの軽自動車は増えており、気軽に購入できるものが多いため、若者が再び車に興味を持つきっかけとなっています。

さらにお金を持っている中高年のために高性能で上質な軽自動車も出ています。
これからも軽自動車の市場はどんどん成長していくでしょう。